いっしょに、学ぶ

子どもたちにとって、幼稚園は初めて出会う小さな社会。
友だちや先生とつながり、良い人間関係を育む場です。
家族以外の信頼できる人とめぐり合い、生活していくことこそ
なによりの学びであると、わたしたちは考えます。
その上で大切にしているのが、「英語」「読書」「体力作り」の3本柱です。

英語教室

英語で気持ちを伝えられたら
もっとたくさんの人と、
友だちになれるね

子どもたちが暮らしの中でカタコトの言葉を話し、親や友だちとの交流を通じて少しずつ日本語を覚えていくように、英語も自然と身につけてほしい、というのが昭和学院幼稚園のスタイルです。特別なものだと感じたり、話すことを恥ずかしがったりするよりも先に、「好き!」「楽しい!」の気持ちで英語と出会えるのは、生活に溶け込んだ環境があってこそ。「知りたい」「話したい」「伝えたい」といったコミュニケーション欲求の芽を大切に育てながら、これからを生きる子どもたちの活躍の場を広げます。

読書教育

本を開こう。
遠い国、夢の世界、魔法使い。
どこにだって行けるし、
何にだってなれちゃうよ。

学力の土台となるのが「言葉の力」。読む、聞く、話す、考える。その力を養い、育む助けとなるのが読書の習慣です。本を通じて子どもたちは世界を知り、あらゆることを体験します。ページをめくるワクワク感とともに、語彙を広げ、思考力を伸ばしていくのです。園舎の中央にたっぷり設けた絵本コーナーが、その思いを形にしています。

体力づくり

大地のおおらかさ、空のすがすがしさ。
いっぱいいっぱい吸収して、
ぼくとわたしのパワーにするよ。

体力は、生きていくうえでも、そして学んでいくためにも支えとなる大切な部分です。しっかり遊び、学ぶための基礎体力を養えるよう、外遊びや課外活動での体力作りも充実。園舎はゆるやかなスロープや立体に行き来ができるトンネル・階段をつくることで、自然と体力がつく環境を生み出しました。幼少期に育てる基礎体力が、これからの頑張りや意欲につながります。

のびのび教育

のびのびと過ごす中で遊びを通して、
健康と道徳心を高める教育、
一人ひとりの個性を伸ばす教育に
つとめています。

給食の実施

週3回みんなで同じ食材にふれながらバランスのよい給食を食べることで、健康な心と体をはぐくみ食育につとめます。

多彩な課外活動

子どもたちの旺盛な好奇心に応える様々な課外教室を開講しています。

預かり保育 「おひさまクラブ」

平日の7:30~9:00・
14:00~18:30まで、
子育て支援のひとつとして預かり保育を実施しています。

未就園児教室

幼稚園生活にスムーズに入れるよう、
希望者を対象に「ひよこクラブ」を
開催しています。

小学校との連携

昭和学院小学校との連携を密接にし、
進学のサポートをしていきます。

短大との交流

もこもこ・こどもセンターとの連携および教育実習生との交流を通し、幅広い社会性を身につけます。


UP

トップページ